読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZDNetのWebサイトによると、ワイヤレス充電のiPhoneのファンのために年間で物憂げ

ZDNetのWebサイトによると、ワイヤレス充電のiPhoneのファンのために年間で物憂げに記述することができ、ことを報告しました。さて、iPhoneのファンはそれが可能性を提供し得るために、AppleiPhoneのデザインを変更。 coachコーチiPhone7ケース IPhoneの問題が直面している、現在の設計は、ワイヤレス充電には適していません。 AppleiPhoneの金属材料の選択のためのバックシェル、金属やワイヤレス充電ができませんが、「平和共存」。 ゴヤールiphone7 ケース一方で、いくつかの新技術は、無線充電信号が商業的用途には適していない、金属を通過することができますが、十分に成熟していない可能にします。ワイヤレス充電機能を追加するためにスマートフォンタブレットを与えるために、機器のバックシェル材料は、プラスチック、セラミックまたはガラスであることが必要です。 エルメス iphone7ケース ZDNetのは、噂は、AppleiPhone 8(そしておそらく最終的には他の名前と呼ばれることが)ガラスとアルミニウムからバックシェル材料の変更は、ワイヤレス充電機能を追加することは可能性を提供することである以上、現在と述べました。 iPhone 8アップルは、通常のガラスを選択しないかもしれないが、コーニングゴリラガラス同様の特殊ガラスで、堅牢性を必要とする日常使用のための十分なを提供することができます。 シャネルiphone7ケース 噂はまた、Appleはステンレス製の鍛造アルミニウムから材料をブロックすると発表しました。現在使用中のCNCフライス盤と比較して、ステンレス鋼の鍛造プロセスは、低コスト。 ルイヴィトンiphone7ケース それはやや馴染みの音しないのですか?ステンレススチールボックスiPhone 4Sの使用上のiPhone 4は、アルミ製の箱と引き換えに再。 iPhone 4と4Sと比較すると、iPhone 8は軽く、より薄くなります。 グッチiPhone7ケース ZDNetのは、iPhone 8はホームボタンが画面の下部に直接埋め込まれている、OLEDスクリーンを(唯一のハイエンドモデルで使用することができる)ドレスになります他の噂を言いました。 Appleは今、公然の秘密となっているiPhone 8ニュースでOLEDスクリーンを使用し、現在では多くのOLEDスクリーンサプライヤーはこの大きな順アップルを獲得することができるように急いでいます。 エルメス iphone7ケース最近の報告によると、シャープは新しいOLED生産ラインを建設するために$ 864万ドルを投資することを示しています。 Foxconnの前にシャープが取得されている、と彼は鄭州河南省、加えて2019 Foxconnの工場での生産に投入されるだろうというメッセージがあり、それは工場出荷前にiPhoneの組み立て作業の約半分を担当してきた、それが明確であるかのシャープとFoxconnの独自の生産OLED画面その後、それは、かなりのコスト削減を多くの機会を占有します。 グッチiPhone7ケース AppleiPhone 8のハイエンドバージョンを構築しますので、今年は、iPhoneの登場10周年であることから、Appleは、iPhone 7SとiPhone 7sのプラスを加えて通常の液晶画面に加えて、今年導入されたことを、以前の報道によると、コードネームフェラーリ。このiPhone 8は、Apple初のOLEDスクリーンのスマートフォンとなり、2018年の初めから、iPhoneのすべてのモデルは、OLED画面を変更することを外の世界。 シャネルiphone7ケース Appleは億OLEDディスプレイパネルを提供するためにAppleが競合他社との協力協定を締結したというニュース前に、サムスンは責任を負うことになります。でもシャープとAppleの協力のであれば、その後、少なくとも生産を開始する2019年まで待機すると、したがって、以前のアップルとサムスンと矛盾は2018引数の最後にOLED部品サプライヤーに協力します。 シャネルiphone7ケース

広く、特定の名前の面でまだ分割されているが、次の世代のiPhoneは、3新しいマシン

広く、特定の名前の面でまだ分割されているが、次の世代のiPhoneは、3新しいマシンをデビューさせるであろうと噂されていたが、すべては、ワイヤレス機能で充電される共通の特徴を持っています。外国のウェブサイトによると、郭明プールは3次世代iPhoneはワイヤレス充電機能をフルラインをサポートしますが、携帯電話の内部温度を増加させるこの機能のため、新しい3Dタッチ次世代iPhoneは新しいモジュールになることを提出マックルーマーズレポート引用された、よく知られているアナリスト副作用のコストが増大するように、良好な熱グラファイトシートによる。 シャネルiPhone7ケース 自動再生スイッチ 自動再生 iphone8超高速光指紋ロック解除アンロック 読み込んでいます... <> ワイヤレス充電のフルライン 郭は、以前にプール今年は、次世代iPhoneは伝説的なiPhoneのモデルだけでなく、iPhone 7S 4.7インチと5.5インチのiPhone 7Sプラス10周年を含め、ガラスボディデザインを使用することを開示していたが、主な目的は、ラジオを増加させることですサポート機能を充電します。さて、よく知られているアナリスト郭明プールのレポートを引用し、外国のウェブサイトマックルーマーズは、Appleが今年3新しいiPhoneを導入することを提起し、システム全体がワイヤレス充電をサポートしています。 シャネルiphone7ケース バイオグラフィーiPhone 8のフルラインサポートワイヤレス充電冷却グラファイトシート しかし、郭明プールのレポートが提出されて、内部の温度を増加させるであろうスマートフォンを充電する無線が原因無線充電と熱不利電話ガラスキャビネットの問題なので、次の世代のiPhoneの3Dタッチモジュールは有利な熱を追加されることが示されたので、 3Dタッチモジュールを回避するために、グラファイトシートは、通常の機能に熱すぎます。 コストが上昇します しかし、そのように過去の3Dタッチモジュールと比較して、次の世代のiPhoneの新しい3Dタッチモジュール追加されたグラファイトシートは、$ 5のコストを増加させることができます。 ルイヴィトンiphone7ケースそれはコストの増加の大きさが大きすぎるではありませんが、ようですが、次世代iPhoneは米国市場の引数に、最大$ 1,000で販売バージョンを終了することができるような証拠は、新しいデザインと、より高価な部品だからです。 バイオグラフィーiPhone 8のフルラインサポートワイヤレス充電冷却グラファイトシート 1月の終わり、今年は、クオ明プールもそのAppleに報告された、またはiPhone OLEDの次世代バージョンで新しい3Dタッチモジュールを使用する時期。 iPhone7ケース シャネル風モジュールは、OLEDディスプレイの下に配置されることを主張し、また、膜の底部に配置され、一方、金属元素の靭性が、新しいマシンを改善するために、材料の感度を向上させるための要素を検出する薄膜スタイル3Dタッチを使用し平均販売価格は、全体的なコストを補うために別の10〜20%が必要です。この光の中で見られる、新しい3Dタッチモジュールは、iPhoneの次世代バージョン少なくともOLEDを採用している新技術の数を増やし、最終的に価格が上昇しているになります。 エルメスiphone7ケース デュアルカメラが装備されます 現時点では、OLEDディスプレイのバージョンを使用すると噂次世代iPhoneでの3の新しい航空機は、約間違いなくより多くの関心事である、5.8インチの画面を持つ機会は、iPhone 8という名前やiPhone Xと命名される可能性があることを主張しました。一方、啓示は、消息筋によると、この新しいマシンの外観は、デュアルカメラが装備されて滑らかな黒い石、同じ意志と同じの次の世代のiPhone 5.5インチのバージョンのように見えるかもしれません。 シャネルiphone7ケース バイオグラフィーiPhone 8のフルラインサポートワイヤレス充電冷却グラファイトシート このiPhone 8やiPhone Xタッチスクリーンのサイズは依然として問題であるが、加えて、ニュースは、それが5.8とは考えにくいので、サムスンOLEDパネルからアップルの購入は、唯一の5.1および5.2インチオプションであることがあるようなインチのディスプレイ。しかし、サムスンのGALAXY S8タッチ画面サイズの2つのバージョンがすでに5.7インチと6.2インチ、過去は全く飛ばないように達しているので、OLEDの5.8インチとそこに装備することができることは、実やiPhone X iPhone 8ディスプレイ。 サンローランiPhone7ケース